節約

マネーフォワードのcsvエクスポート活用 Excel・ピボットテーブルで俯瞰する!

家計簿の活用をしたい人
家計簿の活用をしたい人
MoneyForwrdMEのエクスポートって何ができるの?
ushijizo
ushijizo
家計簿データが出力できるので、Excelにインポートして、家計の全体像が俯瞰できます!

マネーフォワードとは

リベ大・両学長の動画で紹介されている家計簿アプリ「マネーフォワードME」2年ほど使ってみて

  • 有料のエクスポート機能を使用して、全てのデータをCSVでエクスポート
  • Excelにインポートしてピボットテーブルで眺めたら、会計の全体像が丸見えになった

ので共有したいと想います。

第111回 学長おすすめの家計簿アプリ【マネーフォワードME】【お金の勉強 初級編】

お金にまつわる5つの力 | 貯める力の第一歩!

お金にまつわる5つの力、

「貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う」のうち、

貯める力=節約は、

  • 一番初めに取り組むべき
  • 誰がやっても確実に成果が出る

重要な項目です。

節約とは、「無駄な出費を減らす」ことですので、どの部分が無駄になっているのか、見えるようにする必要があります。

この見える化を、簡単に、強力に行ってくれるのがマネーフォワードMEです。

月々のお金の動きがほぼ自動で記録される

見える化の手段としては家計簿がありますが、面倒くさくて続かないことが多いのではないでしょうか。

自分自身も、住宅ローンを組むときなど、一時期Excelでやったことがありますが、まぁ続きません。

マネーフォワードMEのいいところは、

  • 銀行
  • クレジットカード
  • 証券会社
  • Amazon、楽天

などが登録でき、ほぼ自動で家計簿が記録されます。

食費、日用品、趣味・娯楽などのカテゴリは、最初のうちは指定する必要がありますが、一度指定すると次回以降は自動でカテゴリ分けしてくれます。

  • いつも行くスーパー → 食費
  • いつも行くドラッグストア → 日用品
  • 子どもの塾 → 学費

などなど

現金を使った場合は手動で打ち込む必要がありますが、レシートがあれば写真をとれば(ほぼほぼ)自動で認識してくれます。

銀行引き落とし、クレジットカード(QRコード決済含む)の内容が自動で記録されるので、生活の9割以上は自動で記録されます。

ushijizo
ushijizo
コワイくらいお金のデータが丸裸に!!

約2年間データがたまったので俯瞰したくなった

支出だけでなく、収入、残高も見ることができます。

  • 銀行への給与振り込み
  • 証券口座の積立Nisaの金額
  • 証券口座の配当金(口座内の現金残高)

資産総額が丸見えになり、「がんばったな〜」という達成感や、「使いすぎて減ってるな」という危機感が定量的にとらえられます。

エクスポート機能は有料のプレミアム版のみ

無料版と有料版の違いは次のとおり。

出典:MoneyFoward Me | よくあるご質問・お問い合わせ

有料版の金額は下記です。

  • 1か月¥480
  • 年額¥5,300(442円/月)

自分はずっと無料版で使っていました。

ushijizo
ushijizo
節約したいんだからね・・

節約するためのツールですし、無料で使える機能で特に困っていなかったからですが、どうしても過去のデータをExcelで一望したくなったので、エクスポート機能を使うために、1か月間のプレミアムサービス無料トライアルを申し込みました。

エクスポートの仕様は、

  • 家計簿のデータを
  • 1月ごとにCSVファイルで保存

となっています。

エクスポートはブラウザ版でのみ可能です。アプリでは不可。

この画面の、

下の方のボタンで書き出しができます。

中身の生データは次の通り。

エクスポートしたファイルは月ごとですので、1つのcsvファイルに結合します。

Windowsであれば、ダウンロードフォルダに1か月1つのファイルができますので、コマンドプロンプトで、

type 収入*.csv > all.csv

とすれば、1つのcsvファイルができあがります。

各ファイルの1行目の、項目名は残りますので、フィルタ等を利用して削除しましょう。

Excelにインポートしピボットテーブルで表示したら一目瞭然

あとはExcelで開いて、ピボットテーブルで眺めるだけです。

ピボットテーブルを使ったことがなければ、この機会にぜひ覚えてみてほしいです。

マネーフォワードのエクスポートファイルのデータ形式は、ピボットテーブルの練習にぴったり。

会社の仕事でも大活躍してくれます。

いままで何やってたんだろう・・、っていうぐらい便利です。

ushijizo
ushijizo
一瞬で月別、年計で合算されたり

一覧で眺めてみた結果がこちら、

全体を眺めてみてよかった点

モザイクだらけで申し訳ないですが、全体像が見れてよかった点はつぎのとおりです。

年間の収支がわかった!

月にどのくらい投資に回せるかわかります。

学費がわかった!

子どもの塾代がえげつないことがわかりました・・

年間で家電等いくらぐらい使っているのかがわかった!

家電の購入、家の修繕等は毎月発生するわけではないので月によって増減があります。

年間でどのくらい使っているのかわかりました。

また、もうちょっと安いものを選べば節約できることも・・

ushijizo
ushijizo
あたりまえ〜

現金でどのくらい引き出したのか分かった!

現金で引き出した分は手動入力しないと何に使ったのかわかりません。

入力を忘れてしまっても、引き出した現金は必ず使っている(残ってないから・・)ので、使途不明であっても出金がいくらかわかり、出費の取りこぼしがありません。

まとめ

  • マネーフォワードMEを有料版にしエクスポート機能を使用
  • Excelにインポートしてピボットテーブルで2年間のデータを俯瞰したら全体像が見えました

ちなみに私は1か月の無料期間が終わったら、また無料版に戻す予定です。

ushijizo
ushijizo
固定費削減・・

また1年分家計簿データがたまったら1か月だけ有料版にしようかな、と。

ぜひお試しください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!